fc2ブログ

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

次は2018年1月頃に購入したこのレンズ。

P8012357.jpg

背景は気(ry
いい感じに手元にあったんです。

右側のレンズ、12-100mmF4Proの紹介です。
購入のきっかけは、旅行の際のカメラ機材軽量化。
2016年頃から旅行に行く機会が増え、E-M1・12-40Pro・40-150F2.8Proの組み合わせで旅行に行っていたのですが…
40-150F2.8Proの携帯が中々に負担で、かといって12-40Proだけでは絶妙に焦点距離が足りないこともあり。
12-100だったらこれ1本でもいけるのでは、と思い購入。
オリンパスプラザに行って試し撮りして納得してから買いました。
12-40と40-150を既に持っている以上、写りに納得できないと無駄な追加購入になってしまいますからね。(焦点距離被り)
キャッシュバック諸々活用して実質100000円強で買った記憶。

このレンズの魅力は、12mmから100mmという高倍率ズームでありながらF4通しで全域高画質という点。
多少の大きさ重さを犠牲にしてその他全部いいとこ取りなレンズです。

12mmから100mmまでのズームというのが絶妙で、特化した撮影でない限り本当に何でも撮れます。
とりあえずこのレンズ1本あれば困ることはありません。
最初の頃は不安になって40-150F2.8Proも携帯していましたが、全くと行っていいほど使用機会がなかったので今は40-150F2.8Proは基本お留守番です(^_^;)
撮れる写真も12-40Proと差がありません。
流石に40-150F2.8Proとは差がありますが、これは40-150が異常なだけなので特に問題なし。
ズーム全域でしっかり写ってくれるので、妥協して撮っている感がありません。
テレ端の100mmでもバッチリ写るので、焦点距離が足らないなとなったらデジタルテレコンで焦点距離を稼いでも大丈夫。(それなりに写る)
本当に万能です。

このレンズ、手ブレ補正機能がついているのですが、OMDS(オリンパス)カメラと組み合わせるとカメラ本体の手ブレ補正機能と協調してアホみたいに補正してくれます。
多分、他メーカーのカメラを使っている人がOM-1+12-100とか使ってみるとびっくりするんじゃないかな?
私はもう慣れちゃったのでシャッタースピード1/8とか普通に使っていますが、他メーカーのカメラだとどうなんでしょう?
何せ手ぶれ補正がよく効くお陰で、開放F値4でもあまり困ることはありません。
マイクロフォーサーズだとF2.8とF4で(短焦点距離だと)被写界深度等あまり変化が出ないので益々12-40の立場が…

大きさ重さに関しては考え方次第です。
確かにマイクロフォーサーズレンズの中では大きめで、私も「ちょっとデカいな」と思うこともあります。
でも幅広い焦点距離を妥協無しの高画質でカバーできると考えたら、このくらいの大きさは許容できます。


このレンズの感想は
持っていて困ることの無い超万能レンズ。
困ったら取り敢えず買って損なし。
といった所。
とにかくあらゆる状況で使えるので絶対に腐らないです。
最初に買うレンズ第一候補筆頭です。
12-100と40-150F2.8Pro+テレコンor100-400でシステム完成と言っていいくらい。
ちなみに、私は12-100を導入して40-150F2.8Proと12-40Proが腐りましたw
それぞれ使い出はあるんでいいんですけどね。
それとこのレンズ、防塵防滴仕様なので雨風雪の中でも平気です。
雪の中に突っ込んでも平気でした。


そういえば今年になって40-150F4Proが出たので、12-45F4と合わせやすくなったんですよね。
12-45と40-150F4で254+382=636g、12-100が561g。
F4コンビは長焦点距離で有利な分合計が重い・嵩張る、12-100はレンズ交換いらず。
どちらを取るか…
私のおすすめは断然12-100。
カメラボディとの相性もあるので一概にはいえませんけどね。
関連記事
スポンサーサイト





0 Comments