ゲーマー?

    棚を整理する機会があったので、今現在所持しているゲームをバラバラっと並べてみました。

    せやっ!

    所持ゲーム一覧

    ( ̄∇ ̄)v どやぁ!
    コレ以外にGC・N64・SFC・PSのソフトもあります。(計20くらい)

    だいぶんゲームソフトが結構溜まってきていたのは分かっていたのですが、こう散らかしてみると量の多さに改めてびっくりします。

    この場にあるゲームのみを数えて68個、
    GC等のこの場に出していないゲームが約20個、
    今までに売却したゲームが30個ほど、
    DL版ゲームが約10個。
    今までに130個ほどのゲームをプレイしてきたことになりますね。

    アクション・RPGというお決まりのジャンルは勿論のこと、シューティング・音ゲー、しまいにはギャルゲー・エr(ryまでゲーム別のジャンルはほぼ全て網羅。
    ここまで来れば立派なゲーマーでしょうか??(^_^;)

    最近はADVゲームのことしか書いていないので似非ゲーマーっぽくなってしまってますが、ゲームは割とやりこむ方です。
    アーマードコア3サイレントラインで達成率を100%にしたり、ダーククロニクルにてモンスターバッジ以外の要素を全てやり尽くしたり、ファンタシースターオンラインEP1&2にてヘブンパニッシャーを追い求めたり(無事入手しました)。
    最近はデビルメイクライ3にハマっていたり。


    ちなみに…
    アーマードコアシリーズはPSP版FF以外は全部揃えています。
    一時期は所持ゲームの3分の1がアーマードコアだった時期もあったんですけどねぇ。
    フォーアンサー以降発売がないわ、Vは残念すぎるわであわわわわ。
    ブログでもアーマードコアの記事なんて全然ありませんしw

    ネギま!は黒歴史。
    何故買ったのか本当に分からない…
    勿論クリアもしていない。

    エrげふん…もといeroge-は自分には合わなかった…
    アレやらナニやらを期待して買ったわけではありませんからね。
    そう思うと、
    何故買ったし
    という疑問に行き着いてしまいますが、まぁ18歳以上対象ゆえに出来るネタ・お話はなかなか新鮮で良かったので取り敢えずおkとしてます。
    中の人などいない!は割りと良かったですね。

    グランツーリスモはわざわざハンコンを買ってしまうくらいハマっちゃいましたね。

    トトリのアトリエは、PS3のRPGゲームの中ではオススメ。


    さらにち・な・み・に。
    一番最近に買ったゲームはフォトカノ、ではなく…

    クローバーハーーーーーーーーーッ♪
    (´・ω・`)???
    スポンサーサイト

    フォトカノKiss 取り敢えずの感想

    フォトカノKiss、2つのルートをクリアしたので取り敢えず感想を。


    このゲーム、おおまかに言うと、
    キミキスを大幅改良し、尚且つある程度遊べるように仕上げた恋愛シミュレーションゲーム
    といったところでしょうか。

    キミキスをベースとしながら、欠点であった運任せすぎる部分を解消。
    アマガミで気になった「あれ?これノベルゲームじゃね?」という部分も、カメラをゲームにうまく取り込むことで解消。
    過去作の利点・問題点をうまく活用した結果、欠点の見当たらない非常に良く出来たゲームに仕上がった、という感じですね。

    恋愛シミュレーションというカテゴリ上、人を選ぶゲームではありますが、PSvitaのゲームの中ではダントツにオススメ出来ます。
    抵抗がなければ是非遊んでみるべし。(体験版があります)



    では細かい部分について少し。


    システム上の不満はほぼなし。
    アマガミから入った身としては、メニュー表示が△ではなく□だったりする点で少し戸惑いますが、それくらいは慣れろと言うことでw
    タッチパネルで場所選択やメッセージ送りが出来るのは非常に便利です。
    ロード時間はところどころで気になることがあります。


    シナリオに関しては、
    フォト部編(Lルート)はキミキスに準ずる純愛物語
    写真部編(Hルート)はちょっぴりエッチなラブコメ
    という二通りのストーリーが楽しめます。
    ボリュームがすごいです。
    計17ルートほどあります。
    おまけに追加シナリオまであるので、飽きさえしなければかなり長期間遊べます。

    Lルートは実原氷里編をクリアしましたが、良いシナリオでした。
    Lルートは問題無さそうです。
    変な癖もなく、どんな人でも安心して見れると思います。
    足蹴にする実原
    足蹴にする実原2
    まぁ、こんなのもありますがw

    Hルート(H=Happy)は新見さんに攻略されました(見事にやられたw)が、こちらはちょっと微妙な出来。
    序盤の写真部部員が絡むニヤニヤ展開からの、終盤の恋愛発展の流れが少々意味不明。
    思ったことを正直に言うと、
    シナリオが足らん!
    アマガミのシステムだからこそ出来ていた変態ストーリーを無理やり突っ込んだ結果、話がちぐはぐしてしまっている印象があります。
    幼馴染である新見さんですらこれなので、他のキャラの出来がちょっと不安…
    一つ一つのイベントは良いんですけどね。


    キャラクターに関して。
    3Dグラフィックなのでその点は好みが分かれる所。
    アニメ調の3Dなので大体の人は馴染めるはず。
    綺麗なグラフィックかつ60fpsでヌルヌル動く点はなかなかグッド。
    ヌルヌル動きすぎて少々違和感があるのも事実ですがw

    アマガミほどの強烈な個性を持ったキャラはいないので、その点は安心だったり残念だったり。
    でもパッケージヒロインは格が違います。
    ええ違います。



    シミュレーション・アドベンチャー部分。
    基本はキミキス方式。
    登校、そして休1・昼・休2・放課後は好きに移動し、帰宅。
    妹に評判を聞き、寝る。
    1周目はともかく、2周目以降はエンカウントが厳しい。(何せ9人もいるので。攻略中の子と出会えるのは単純計算で9分の1)
    うさパワーという救済システムがあるので積むことはまずありませんが、「恋愛シミュレーション」としては少々プレイしづらいのは承知しておいたほうがいいかもしれません。
    恋愛シミュレーションとしてフォトカノを楽しみたい場合は、1周目をうさパワー封印にしてのプレイをオススメします。

    シリーズ恒例のマッチング会話は物凄く快適になりました。
    運要素をできるだけ排除し、プレイヤーの技量次第で失敗することのなくなった今作のバイオリズムマッチング会話は非常に評価出来ます。
    キミキス・アマガミのマッチング会話は運が絡みすぎてイライラものでしたからね。
    どの話題でも状況次第でヒットするようになった代わりに、アマガミと比べると一つの会話のボリュームは少なくなってしまっています。
    でも、イベントの進展状況に合わせた会話があったり等の工夫もあり、会話の内容に関しては文句無しです。



    最後にカメラ。
    このゲームにはフォトセッションというものがあり、マッチング会話時にアタックに成功すると女の子を自由に撮ることが出来ます。
    この時のPSvitaのモーションセンサーを最大限に活かした、ジャイロモードでのカメラ撮影が素晴らしい。
    実際のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)での撮影と遜色ないです。

    タッチパネルを活用した撮影モードも寝っ転がりながらのプレイでは重宝します。

    ファインダーモードは少し不自由かな。
    三脚モードと考えれば納得できる範囲ではあります。

    ただ、キャラクターのポーズが少なめなのは残念。
    ポーズの指定も完全には出来ないので、なかなか狙った写真は撮りにくい…
    表情指定は自由に色々出来ます。(12種類)
    ちなみに撮影場所指定時の「横になって」は超上級者向け。
    私には無理でした(´・ω・`)

    あとはイベント時にシャッターチャンスが訪れる時がありますが、これは初見殺しすぎてちとマイナス。
    動く被写体のシャッターチャンス時は3枚くらい連写出来るようにして欲しかったかな。
    1枚きりではシャッターチャンスを捉えられません、無理です(TдT)

    こういう系統のゲームと言うと、基本、文を読み進めていくだけという印象がありますが、カメラをゲーム内に採り入れることで大きな変化をつけた点はすごく大きいと思います。
    少なくとも、私はハマりました。



    取り敢えずの感想はこんなところですね。
    PSvitaのゲームは
    Project DIVAf・ガンダムSEED BATTLE DESTINY・ロードオブアポカリプス・マリシアスリバース
    とプレイしてきましたが、このフォトカノKissは今までプレイしたPSvitaゲームの中で一番面白いです。
    正直言うと、圧倒的に面白い。
    折角体験版も出ていることですので、vitaを持っている方はギャルゲーと一線を引かずに是非プレイして見ることをオススメしたいです。


    では、本格的に攻略しにかかりますか。

    フォトカノ Kiss

    アマガミの続編かぁ。(正確には違うようですが)
    うーん、様子見かなぁ…

    P4290047.jpg

    結局買ってしまった。(特典が付いているという時点で色々察して下さい)
    6000円切ってたら買ってもいいかなぁ→5980円\(^o^)/
    ちょうど同じ時期にカメラを買ったこともあったので、多分これは運命でしょう、うん。うん!

    今、アニメ放送もしているので注目している人は多いハズ。
    幸い、アニメの方はキミキスの二の舞にはならずに済んでいるようです。
    私は録画してます。(全く見ていませんがw)
    折角なので、ゲームを一通りクリアしてから見るつもりです。


    買ってしまったものは仕方ないので、取り敢えずプレイ。

    あ、コレ凄い。

    ジャイロシステムを活かしたカメラモードが有るのですが、そのモードを使うとvitaがそのまんまカメラになるのですよ、このゲーム。
    vitaを上下左右に傾けて、被写体を自由に捉え、シャッターを切る。
    vitaの機能をフルに活用したシステムで、非常に面白いです。
    ちなみに、タッチパネルをフル活用したカメラモードもあります。

    その他システムに関しても全く不満要素はなし。
    vitaで初めて面白いゲームに出会えたかも。



    2013-05-13-031153.jpg
    実原氷里三脚
    2013-05-12-194028.jpg
    1000点満点

    記念すべき1周目に攻略することになったのは、フォト部の後輩、実原氷里。
    カメラの事に関して色々教えてくれるので、すごく勉強になります。

    エアブロアーっていいよな

    フフフ…エアブロアーを買ってきたぞ。

    エアブロアー

    レンズはむやみに磨くと傷つく恐れがあるので、普段はこれでほこりを吹き飛ばすのがいいらしいです。

    実際使ってみたのですが、これがなかなかの風力。
    細かいほこりを吹っ飛ばしてくれます。
    予想以上の効果です。

    うむ…

    パソコンのキーボードにシュッシュッ。
    テレビにシュッシュッ。
    フィギュアにシュッシュッ。
    ………

    すっごく便利!

    480円で何気なく買ったものが、こんなに便利だとは…
    その後、部屋中のほこりを吹き飛ばしまくりましたとさ。
    吹き飛んだほこりはどこにいくの?とかは言っちゃ(ヾノ・∀・`)だめだめ
    楽しけりゃいいのです。



    あれ?どこぞの主人公とやってることが変わらないような…

    続きを読む »

    ARポートレートのついでに

    リンちゃん×E-PM2を撮影するついでに、DIVAfを少し楽しんできました。


    取り敢えずSM工場。

    SM工場 HARD

    あら、一発パーフェクト。
    曲自体はダメダメですが、譜面は面白いです、SM工場。
    EXTREMEはやる気が失せますがw(GREAT以上は無理でした)
    ちなみに、クリアできない人は、プレイアシストを有効に使いましょう。
    譜面をじっくり見ることが出来ます。(EXTREMEだとポイントもほぼ減らない)


    DIVAfの醍醐味の一つといえば、あっち向いてホイ!(えっ
    タッチパネル・ジャイロシステムを活用できている点は評価出来ます。
    その前に基本のシステムをきちんと構築しろとかいいt(ry
    とにかくやろう。

    勝負! VSリンちゃん 1
    何気に、好感度がMAXなのはリンちゃんだけ。
    別にリン廃というわけではないのであしからず。
    可愛いというのには同意します。

    勝負! VSリンちゃん 2
    じゃんけん…
    今日の私は何かが覚醒していたらしく。

    勝負! VSリンちゃん 3
    簡単にストレート勝ち。
    この後3回勝負しましたが、全部勝つことができました。
    見える、私にも先が見える…なんかそんな気分でしたw


    そして、メランコリックをプレイして電源を切る。
    DIVAf(F)を起動した際はキャットフード・メランコリックは必ずプレイするのが私の基本。
    …あれ?リン廃??

    カメラを買いました

    いつの間にか、カテゴリに「写真・カメラ」が追加されている…

    はい。


    E-PM2×鏡音リン 1


    カメラを購入しました。
    家電量販店でコンデジが安くで売られていて「あー、カメラいいなぁ」と思い立ち、色々ネットで調べたりしていたら、何故かミラーレス一眼カメラが手元に。
    14000円→56000円と、価格が4倍になりましたw
    安くもなんともないorz

    E-PM2×鏡音リン 2
    撮影会?
    パソコンの上ではやめて下さい(^_^;)

    かなりの出費をしてしまいましたが、全然後悔はしていません。
    何せ撮るのが楽しい楽しい。
    今までも携帯のしょぼカメラで撮影はしていたのですが、撮ることが楽しいとは思いませんでした。
    でも、このカメラを持つと、持つだけで楽しくなってくるだけでなく、何かを撮るために外に繰り出したくなってくる。

    実際、カメラを買ってからは、「何かを撮るために」散歩に出るようになりました。
    普段気にしない風景も、シャッターチャンスを狙っているとまた違って見えてきます。
    すごく健康的になりましたし、旅にも出たくなりましたし、電車を撮りたいという鉄の魂も戻ってきましたし(?)。
    うん、買って良かった!



    今回購入したのは、オリンパスのE-PM2。
    ミラーレス一眼カメラの中でも(恐らく)最小サイズのカメラです。
    シンプルに纏められているので、一眼カメラ初心者でも扱いやすいです。
    小型で軽いのに、画質の方も文句無し。
    ミラーレスの利点を最大限に活かしたようなカメラですね。
    ただ、モードダイヤルと最近話題のバリアングル液晶は搭載していません。
    ボタンの数も最小限なので、人によっては操作に困惑するかも。(その代わり、タッチ液晶搭載)

    ちなみに、上位機にE-PL5がありますが、基本的な性能にはあまり違いがなく、付加機能の有り無し程度の違いの模様。
    値段の差は10000円程度、バリアングル液晶その他の付加機能が付く代わりに、重量・大型化。
    うーん、悩む…
    とことん拘るならデジタル一眼レフカメラにする、という選択肢もあることを考えるとE-PL5は中途半端かも。
    これは画質重視(要するにセンサーの大きいカメラ)のミラーレス一眼カメラ全般に言えることですね。

    この滑り台は…アマガミ?

    フラフラと写真を撮り歩いている時に見つけた遊具。

    タコの滑り台

    タコの滑り台。
    って、あれ?これは…
    アマガミ起動。

    タコの滑り台 アマガミ

    あったあった。


    タコの滑り台 2

    タコの滑り台 七咲付き

    七咲のイベントで登場したタコの滑り台。
    まさか実在するとは…
    しかも、結構身近に。
    まぁ、タコの町ですので、あっても不思議ではありませんでしたが。
    ちなみに、私の住んでいる町はバスのルート表などもタコで出来ていたりします。


    勿論、タコの街を謳っているだけあって、明石のタコの味は絶品です。
    一回は食べてみるべし。
    天然のとれたてはもう別次元の美味さ。
    ヘタすると、外国産の冷凍モノが食べられなくなるかも。

    勢いで地元撮影 2

    市の中心からの帰り道を撮影。

    明石海峡大橋

    世界最長の吊橋、明石海峡大橋が見えます。

    P4170019.jpg

    レンズを切り替えて撮影。
    枚数が多いので、あとは追記にて。

    続きを読む »

    来客カウンター
    ブログランキング参加中
    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    カレンダー
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    Youtube動画紹介
    投票エリア
    プロフィール

    マコト

    Author:マコト
    ゲーム・カメラ・DTMが趣味のマコトと申します
    基本はゲーム中心のブログとなります

    …が、その内カメラ中心の内容に切り替わりそうな予感がする今日此の頃
    DTMはおまけ程度

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    スポンサーサイト
    QRコード
    QR