スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    私の青春時代でも……2

    つ・づ・き♪

    そして高校に入学。
    最初の一月程は何とか行けました。
    環境が一新されたのが大きかったんでしょうね。
    でも、根本的には何も解決してなかったんです。
    人間不信・恐怖、そう簡単に乗り越えられるものではありません。

    学校に入れなくなりました。

    足が踏み出せない…
    行かないといけないのは分かっているのにどうしようもない。
    誰かに相談したい、協力してもらいたい。
    でも誰も助けてなんてくれない。
    不登校生の気持ちなんて誰も分からない、分かろうともしない。
    …当然ですね。
    学校なんて言って当たり前なのですから。

    家にも戻れず、学校にも行けず。
    地獄が始まりました。
    父親は夜勤の仕事をしていたので、夜勤から帰ってくる前に家を出る。
    そして外でひたすらに時間をつぶす。
    父親が再び仕事に行く、あるいは学校が終わる時間になったら家に帰る。
    「学校に行っているフリ」を続ける毎日。

    一度、学校からの助けがあったのですが、もちろんそんなものでは復帰できるはずもなく…
    もうその時には何をどうすればいいのか分からなくなっていましたからね。
    すでに手遅れ、といった所までに。

    1年半ほどこんな毎日を続けましたね。
    逆にすごいなと自分でも思ってしまいます。
    でもこうするほかに選択肢がなかったんです。
    常に孤独だったので…

    でも「学校に行くフリ」にも限度はありました。
    もうダメ…
    もう分からない…


    再び引きこもり始めました。
    普通だったらここで親がフォローに入ってもいいものなんですが、私の父親は大バカでした。
    完全放置。
    どこまでも子育て放棄。
    それどころか親としての最低限の事さえしなくなりました。
    兄も障害があってまともな人間ではなかったので全く頼れない。
    救いの手もないのでとことん堕ちていき、最低限の生活さえ出来ない状況が続きました。
    良く生き残れたものだなぁと思います。
    それくらい悲惨でした。
    内容は…言えません。
    エグすぎるので。


    そして半年の月日が流れ…

    学校のカウンセラーから一通の手紙が。
    思いきって行動しました。
    家族に邪魔され、満足に動けない中、カウンセラーの人に会いに行き、親戚に協力を仰ぎ、そして…

    家出しました。
    魚銀という会社の社長が私を拾ってくれ、住む場所まで提供してくれたんです。
    そして、株式会社魚銀で働き始めました。


    以上、私の高校時代です。
    カウンセラーの人は積極的に父と連絡を取っていたみたいです。
    でも父はすべて一蹴していたようです。
    本当にクソな父親を持ったと思います。
    この思いは今でも変わりません。
    しかもこれ以降も邪魔してきますし。
    母が生きていてくれればどれだけ嬉しかったか…

    一旦切ります。
    スポンサーサイト

    私の青春時代でも……1

    迷える人のプラスになれれば…

    という事で、私の青春時代の凄まじい人生でも書き残しておきます。
    自分でいうのもアレですがw
    人生、一度踏み外すと大変です。



    中学二年までは何の変哲もない1人の子供でした。
    ちょっと違う所としては、頭がすごく良かったことと兄に少し障害があったことくらいでしょうか。
    賢さに関しては東大も目指せると言われたほどでした。
    親二人に兄一人の四人家族で楽しく毎日を過ごしていました。

    でも、そんな毎日は突然崩れ始める。

    中学二年の初秋の事。
    夕ご飯を食べている途中に母が突然倒れたんです。
    急いで救急車を呼びました。
    「脳内出血」
    かなり重要な部分から出血していて、少し対応が遅れていれば間に合わなかったと言われました。
    一命は取り留めたものの、完全な植物人間状態。

    正直、まともな生活なんて出来ませんでした。
    今思えばかなり精神的に不安定だったんだと思います。
    朝はよく寝坊し、授業のモチベは上がらずちょくちょくサボり、学校を休むこともありました。
    それでも何とか一般人と呼べるくらいにはしっかりと生活をしていました。
    でも最悪の事態が。

    母が亡くなった。

    11月の事でした。
    それ自体はしっかりと受け止めることが出来ました。
    でも、今思うとあの頃の私は母がいてこそだったんです。
    母がいなくなったことによって、生活は本格的に崩れ始め、遅刻などを繰り返すことによりクラスの皆の視線が怖くなる。
    そして人間不信に陥っていき、やがて学校に行かなくなる。
    不登校生になってしまいました。
    一度こうなってしまうとあっという間です。
    一度は学校に行き直せたこともあったのですが、ダメなものはダメでした。
    不登校なのが親にばれないようにひたすらに外で時間をつぶしていることもありました。
    父親は完全放任主義だったのでもうどうしようもなく、最終的には自分の部屋に閉じこもるようになりました。
    引きこもりですねw
    誰の助けもなかったのはきつかったですね…
    幸いにも、最低限の生活は出来ていたのでこの時は何とかなりました。
    父も何とか協力してくれ、とりあえず高校には行けました。

    でも、この時点で中学3年の1年は殆ど棒に振り、友を失い、学力も落ち、卒業は出来たものの卒業式には出席できませんでした。
    十分悲惨ですね。

    そして高校時代に移っていくのですが…


    一旦ここで切ります。
    はぁ…
    来客カウンター
    ブログランキング参加中
    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    カレンダー
    11 | 2017/03 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    Youtube動画紹介
    投票エリア
    プロフィール

    マコト

    Author:マコト
    ゲーム・カメラ・DTMが趣味のマコトと申します
    基本はゲーム中心のブログとなります

    …が、その内カメラ中心の内容に切り替わりそうな予感がする今日此の頃
    DTMはおまけ程度

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    スポンサーサイト
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。